Neil Original Sofa 17/ WEBO

WEBO ONLINE STORE
トップページ
コンセプト
WEBOについて
購入ガイド
メルマガ
▼アンケートにご協力頂いたお客様

・三重県津市 M様
・2014年8月納品
・生地:N.C.107
・カスタム:樹種変更:ウォルナット / パールトン加工
▼お客様からの感想(アンケート)

1.Neilを選んだ一番の理由を教えてください。
座り心地とクリーンなデザインです。
どちらが一番というよりも、クリーンなデザインに好みの硬めのクッションが備わっていました。 特にデザインは水平な線が、「主張しないという主張をしている」と個人的に感じて、見てすぐ気に入りました。 他のソファを見たとき、全体的に好きなデザインだけれど、たったひとつだけ気に入らない部分がある…惜しいな。という経験はありませんか? このソファにはそんな気に入らない部分が全くなかったのです。
2.実際に使ってみた率直な感想を聞かせてください。
(インテリアとしての評価・使い心地など) 
リビングの中心に置いても、完全に空間に馴染みます。
感覚として近いのは、車にクリーンなデザインのホイールとタイヤを履かせた時のイメージです。 おしつけがましい主張はないけれど、部屋に無いと絶対に寂しいし、実はとっても大事なんです。

空間全体から見たそんなイメージとは裏腹に、細部に目を向けると拘りという主張が見えます。 例えばフレーム裏面の仕上げ。 低い座面が故にオーナーでさえ普段視界に入らない部分も、材料、加工、塗装とも普段視界に入る部分と同じ仕上げです。 そんな、拘りも満足感を与えてくれます。 ソファは実用品…だからこそ、潤いや満足感は嬉しいです。 座り心地…というか、ほぼ寝転がっていますが、腰が痛くなったりとか、疲れたりはしません。 座り直したり姿勢を変えることは、かなり少ないです。

蛇足ですが、濃色生地のはクリーンなデザインと相まって、毛玉等のゴミ類は目立ちます。

価格に対する満足度は高いです。
3.ソファの特長を4段階で評価してください。
(A良い・B良いことが多い・C悪いことが多い・D悪い)
・背もたれが低いこと ( A )
・座面がフラットなこと ( A )
・座面が大きいこと ( A )
・アームクッションが取り外せること ( B )
4.Neilのデザインを総合的に評価して点数をつけてください。
(100点満点)
90点。
少し各クッション間の隙間が大きく、ゴミが入っていくので、マイナス10点。
5.その他に感想やご意見がございましたらお聞かせ下さい。※
毎日のように使う実用品、さらに寝転んだりすることも想定している商品なので、 肌触りは重要です。 価格が上がっても良いから、主力生地数種類のアームクッションで手触りを試せたら、さらに良かったです。 サンプル生地だけでは、触り心地や感触を想像しきれなかったです。





▼スタッフのコメント
本件を担当いたしました店長の井村です。
M君とは高校時代からの友人です。

普段からこだわりの日用品を購入してくれているM君ですが、新居への引越しにあたって以前から気に入ってくれていたNeilSofaを選んでくれました。 友人に選んでもらえるというのは、個人的にもすごくうれしいです。

新居のリビングは木の質感をたくさん取り入れたお部屋ということもあって、生地の色をどうするかでかなり悩む部分があったようです。 当初検討されていたのはブラックやグレーなどの落ち着いた色の生地でしたが、ご夫婦で遠方から何度も店頭に足を運んでいただいて、丁寧に時間をかけて生地の検討をされました。 そして、最終的にたどり着いたのは、『真っ赤な生地(N.C.107)』でした。 あれこれ考えてグレー系の生地にしようと決め、店頭に注文しに来たその場でサンプル帳を見て赤に変更するという最後の決断はかなり格好良かったです!

木部はフロアにあわせてオプションのウォルナットに変更しています。 N.C.107の濃い赤色は、落ち着きのあるお部屋の雰囲気を保ったまま程よいアクセントになっていて、かなりお洒落な雰囲気に仕上がったのではないかと思います。

また今回、ご家庭に小さなお子様がいらっしゃるため、今後に備えて生地にパールトーン加工(撥水加工)のオプションを加えています。 直近ではNeilSofaを選んでいただいた方のうち約7割くらいの方が撥水加工を付けられていますので、かなり人気のオプションですね。 ソファの生地は自分でクリーニングもできますしNeilの場合は張替えも容易なので撥水加工は必ずしも必要なオプションとは思いませんが、もしものときの保険としては心強いと思います。

なお、アンケートの中では直接触れられていませんでしたが、最後に書かれた手触りの部分を本人に訪ねてみると、薄着で寝転んだときの肌触りが想像と少し違った(少し硬く、肌の弱い部分にチクチクした感じを受ける)ということでした。 このうち硬さの部分は撥水加工の影響もありますが、使い込むと柔らかく馴染んでいくので比較的短期間で馴染んでいきます。 アンケートを書いてもらったのは納品直後ですが、実際にこのページを作成している2ヵ半後に確認すると、既に気にならなくなったとの事でした。

チクチクした感じも同様で、特に使い始めのうちはウールのマフラー(もしくは切りたての髪の毛)に近いような不快感が感じられますが、これも長い目で見ると少しずつ収まっていきます。 チクチク感は長袖になったら気にならなくなったとの事でしたが、これも次に薄着になる春先までにはほとんど収まっているのではないかと思います。

N.C.に限らず椅子やソファの張り地はやや硬めの素材が多いので、もし今後、使い始めの肌触りを重視してお選びいただきたいお客様がいらっしゃいましたら、ご希望に沿うようなサンプルを別途ご用意させていただきます(※)。 生地サンプルのご請求を頂く際に、あわせて色や手触りなどのご希望をお申し付けいただけましたら幸いです。
(※張り地に柔らかい生地や薄い生地を使用すると伸びやヨレが起きやすいため。 耐久性と手触りの柔らかさを両立できる生地は、表情の少ない生地や柄のある生地に限られてしまいます。)

ちなみに、M君は静電気を帯びやすい体質ということで、実は生地選びの際には静電気の発生をとても気にしていましたが、それについては大丈夫だったという報告をもらいました。


最後に、この場を借りて、あらためて詳しいご協力いただいたM君ご夫妻にお礼いたします。
M君のカスタム事例やご意見が、今後ご購入される方の参考になれば幸いです。

2014.11.09
コーディネートに使用された製品
前のページへ戻る
ライン