Neil Original Sofa 21/ WEBO

WEBO ONLINE STORE
トップページ
コンセプト
WEBOについて
購入ガイド
メルマガ
▼アンケートにご協力頂いたお客様

・愛知県豊橋市 Y様
・2015年09月納品
・生地:Lincoln 6780 (PVC)
▼お客様からの感想(アンケート)

1.Neilを選んだ一番の理由を教えてください。
まずは座面の広さ。
それからNeilsofaの座り心地。
2.実際に使ってみた率直な感想を聞かせてください。
(インテリアとしての評価・使い心地など) 
購入前は、「汚れが目立つからソファのカラーはブラックで決まりかな・・・」と夫婦で話していました。
そして決めたのはレザーグレー!
建築中であった我が家の、下手な説明にも井村さんがお薦めしてくださった張り地は小さなサンプルでは少々個性的かな!? とも思えたカラーでした。 そうして到着したNeilsofaは、上品で優しく、存在を主張しすぎることがありません。 とてもよい選択をさせていただいたと思っています。

Neilsofaは軽く、片手でも楽に浮かすことができるので掃除の際ストレスを感じることがありません。 我が家はダウンフロア部分にNeilsofaを配置しており、背もたれ部分もちょっと腰かけたりするスペースとして有効に利用できます。
3.ソファの特長を4段階で評価してください。
(A良い・B良いことが多い・C悪いことが多い・D悪い)
・背もたれが低いこと ( A )
・座面がフラットなこと ( A )
・座面が大きいこと ( A )
4.Neilのデザインを総合的に評価して点数をつけてください。
(100点満点)

私としては100点満点です!

5.その他に感想やご意見がございましたらお聞かせ下さい。※
見た目や自己満足ではなく、本当に必要なもの、求めているものに寄り添った提案をくださりありがとうございました。 大変心強く思っております、今後ともよろしくお願いいたします。
▼スタッフのコメント
本件を担当いたしました井村です。
今回のY様は、建築中のご自宅で使うソファをご検討いただくため図面を持ってご来店くださいました。 実物のソファと図面を見ながらじっくりとお打ち合わせができたので、完成をイメージしてスムーズにお打ち合わせができました。

Y様のリビングのフロアは段差によってゾーニングされており、ヘリンボーンの床やライトグレーのタイル壁などを取り入れた個性的なスペースでした。 アンケートの中で触れられていたように、もともとご夫婦が考えておられたソファはブラックの合皮でした (もちろんブラックも素敵です!)。 ただ、詳しくお話をお伺いすると『合皮にしたいのだけれど、お部屋は暗い雰囲気にしたくない』ということで、展示しているソファ(ライトグレーの布地)の雰囲気も気に入ってくださっていたので、思い切ってタイル壁に近いライトグレーの合皮をご提案させていただきました。 こちらからのご提案で気に入ったもがあると即決していただける、決断力のあるY様夫妻とのお打ち合わせは緊張感があってとても楽しかったです。

ちなみに、このライトグレーの生地は、もともと定番で販売している合皮素材のカラーバリエーションです。 合皮にありがちな艶を抑え、大きなシボとリアルな色ムラで上質なクラシックレザーの雰囲気が再現されていますので、シンプルなソファにも深みのある表情が生まれます。 グレーのレザーは一般家庭では珍しいと思いますが、今回のY様のお部屋やお好みにはベストマッチだったのではないでしょうか。

また、今回はソファのご相談と同時にダイニングセットについてもご提案をさせていただきました。
ベンチソファのダイニングテーブル
↑ダイニングセットの様子

ご夫婦が希望されていたのはお子様と一緒に座れる「ベンチソファのダイニング」でした。 『なかなか良いものが見つからない』ということでしたので、ベンチだけ既製品(生地や高さはセミカスタマイズ)を利用して、それにあわせてテーブルを設計しました。 一般的な4本脚のテーブルにベンチをあわせると、座るときにテーブルの脚が邪魔になってしまって不便です。 そこで、中央の支柱で天板を支える構造を採用し、ベンチで使いやすいダイニングセットをデザインしました。 また、Y様のご希望で天板の下にティッシュやリモコンが入る引き出しを設けています。 引き出しは座ったときに邪魔にならないよう0.5mmの単位で高さを抑える工夫を行っています。
※ベンチソファや専用設計のテーブルにご興味があるお客様お気軽にお問い合わせください。

今回のY様のカスタム事例やご意見が、今後ご購入される方の参考になれば幸いです。
この場を借りて、ご協力をいただいたY様にあらためて心よりお礼を申し上げます。

2015.10.12
前のページへ戻る
ライン