RUMBLE IN THE POND by lomography

WEBO ONLINE STORE
トップページ
コンセプト
WEBOについて
購入ガイド
メルマガ
FISHEYE
RUMBLE IN THE POND


BRAND : Lomography
SIZE : W256×H175×D36(mm)


¥3,240(本体¥3,000+税)
カートへ入れる
ロモグラフィーのトイカメラ 『Fisheye』シリーズで撮影された写真を集めた写真集です。
厚さは3,5cm、ページ数が368ページ、世界中のロモグラファーによる434枚の写真を収録した充実した内容です。

掲載されている写真は全てFisheyeシリーズによる広角写真です。
アイデアいっぱいの楽しい写真がいっぱい詰まった見ているだけで楽しくなる内容です。
魚眼カメラの撮影テクニックも紹介していますので撮影バイブルとしても貴重な一冊です。
内側はフェイクレザーを使ったハードカバー。ウロコ模様がプリントされています。
●世界中のロモグラファーによる、434枚もの撮れたて新鮮なフィッシュアイ写真が満載!

●様々な撮影スタイルを紹介。カラーフラッシュ、多重露光、クロスプロセス、白黒、デイライトなど。

●ロックな魚(イラスト)が撮影のコツや技を徹底検証。

●リバーシブルなカバー・デザイン(裏面はイラスト)

●ハードカバー本体は、魚のウロコ柄!
みんなのコメント
コメント募集中 ※2016年4月にコメント機能をスタートしました。
 ただいま、皆様からの感想を大募集しています。
>> 製品のクチコミを送る
インフォメーション
仕様 368ページ
フルカラー
英語
ハードカバー
内容 本体のみ
ブランド
lomography ロモの歴史は旧ソビエト連邦の軍事工業省がLOMO PLC社に一般向けカメラの製造を依頼したことから始まりました。PLCの技術者は『誰でも何処でも毎日使えるカメラ』を目指し『コンパクト』で『オートマチック』なカメラ『LC-A』を開発します。そしてこのLC-Aには当時のPLC社が独自の研究開発を行い完成させた『MINITAR 1』と呼ばれる表現力豊かなレンズが世界で唯一搭載されたのです。
 そして、民主化されたばかりのブラハを訪れたウィーンの学生(マティアスとウォルフガング)がこのカメラに出会ったことでLOMOの歴史は大きく変わります。彼らはこのカメラから生まれる生物的な写真の魅力を知ると、それを知人や友人に紹介しました。そうした地味な活動を繰り返すうちLC-Aの魅力はオーストリア中に広がり、彼らのアパート兼オフィスにはLC-Aを求める人々が訪れるようになります。こうしてLC-Aの販売を始める『Lomographyc Society』が誕生したのです。やがて彼らはロシアの厳しい社会情勢の中 PLC社との直談判を行い、一時は生産中止に追い込まれたLC-Aの再生産を実現させます。そしてロシア生まれのLC-Aはオーストリアのエッセンスを加えた『LOMO PACK』として世界中に広まったのです。
 こうして生まれたLomographyc Societyは、その後も独自で写真やカメラの研究開発を行い、写真と生活を愉しむオリジナルのトイカメラを多数製作してきました。現在ではおしゃれなトイカメラの代名詞として世界的に知られています。
このブランドのその他の製品一覧
プレゼント包装 納期
こんな製品もございます
前のページへ戻る
ライン