Neil Original Sofa 18/ WEBO

WEBO ONLINE STORE
トップページ
コンセプト
WEBOについて
購入ガイド
メルマガ
▼アンケートにご協力頂いたお客様

・東京都練馬区 N様
・2014年12月納品
・生地:Ekarat9309
・幅変更 :1850mm(100mm短縮)
▼お客様からの感想(アンケート)

1.Neilを選んだ一番の理由を教えてください。
広くない部屋にも圧迫感を与えず置けるデザイン
2.実際に使ってみた率直な感想を聞かせてください。
(インテリアとしての評価・使い心地など) 
1.の回答で記載した圧迫感を与えないデザイン性は実際に使ってみて実感しております。
男性も横になれるサイズでありながら、部屋にすっきりと馴染んでいます。
無駄のないモダンなデザイン、適度な固さの座面も気に入りました。
3.ソファの特長を4段階で評価してください。
(A良い・B良いことが多い・C悪いことが多い・D悪い)
・背もたれが低いこと ( B )
・座面がフラットなこと ( A )
・座面が大きいこと ( A )
4.Neilのデザインを総合的に評価して点数をつけてください。
(100点満点)
95点。満足しています。
欲を言えば、背もたれを取り外せる、アームクッションが固定できる等のオプションがあれば、
使い方の自由度が広がると思います。(※注釈)
5.その他に感想やご意見がございましたらお聞かせ下さい。※
事前の問い合わせに親身に回答頂けたので、実物を見ていなかったにも関わらず、
イメージ通りの買い物をすることができました。






▼スタッフのコメント
本件を担当いたしました店長の井村です。
ご協力いただいたアンケートから、お届けしたソファについて満足していただけている事を知り、とても嬉しく思っています。

今回のN様のお宅は、ソファの横にダイニングテーブルを配置する典型的なLDKレイアウトです。 お客様のご要望でソファの幅を標準より10cmほど短縮し、やや小ぶりに仕上げています。 写真には写っていませんが、ソファに座って右手側にダイニングテーブルがあり、前方の壁は右手にキッチンカウンターがあります。 配置上は標準サイズでも十分な余裕がありましたが、上記の点に配慮して少し短くされたいということでした。

N様からは事前にメールでサイズ変更に関するお問い合わせを頂き、頂いた平面図や写真などを拝見ながらさまざまな角度で事前確認とご提案をさせていただきました。

私からはソファのサイズを腰窓にあわせるご提案や、円形のラグを使って部屋を仕切らず広く見せるなどのご提案を行いましたが、どちらもしっかりと却下されてしまいました(笑)

他人の意見よりご自身の考えで主体的にお部屋を作っていかれる姿勢は、とても素晴らしいですね! お部屋にも、N様の個性がしっかりと現れ、それが魅力にもつながっていると感じます。

ソファの生地には人気のEkaratを使い、明るくナチュラルな印象に仕上がっています。 最近は、またさらに採用いただく比率が高まってきているオススメの生地です。

N様は低い背もたれについて、はじめ少し違和感を感じたといいますが、写真にも写っているように必要なときにクッションを組み合わせることでデメリットを感じなくなったといいます。 アームクッションをお持ちの場合には、アームクッションを背もたれに重ねて同様の使い方をすることもできますが、このように普通のクッションを使用されるほうが見た目にもスマートでオススメです。 また、もし大きくもたれることを優先される場合には、より大きな60cmクッションを座面に立ててご利用いただくのがベストかもしれません。 座面が深いので、クッションを座面に置いても余裕のある座姿勢になります。 (※ちなみに、ソファと同じ生地や色違いの生地でご指定いただいたサイズのクッションをお作りすることもできます)

(※注釈事項)
アンケートの中にあった"背もたれを取り外せる、アームクッションが固定できる等のオプションがあれば・・・"という記述に関してです。 こうしたご要望については事前にご相談頂けましたら個別のカスタマイズで対応することができます。 ただし、こうしたカスタムはデメリットが多数ございますため、事前のご説明とお客様のご了承が不可欠と考えており、現時点で標準オプションとしてのご提供はございません。 なお、NeilSofaのカスタマイズは、どのようなご希望にも可能な限り対応するよう心がけておりますので、上記のご要望を含め どんなご要望でも まずは遠慮なくお気軽にご相談ください。

今回のN様のカスタム事例やご意見が、今後ご購入される方の参考になれば幸いです。
この場を借りて、あらためてご協力いただいたN様にお礼を申し上げます。

2015.01.29
前のページへ戻る
ライン