Foreman フォアマン ナイフ(包丁)/ CARL MERTENS

WEBO ONLINE STORE
トップページ
コンセプト
WEBOについて
購入ガイド
メルマガ
Foreman
フォアマン 各種ナイフ


BRAND : CARL MERTENS
SIZE : 3types


¥16,200〜32,400
バリエーションを見る
ゾーリンゲンの本気
刃物作りで知られるドイツの街ゾーリンゲン。そこに1919年から本拠を置くカール・メルテンス社は、これまで、あえて本格的な刃物の製造を行ってきませんでした。そこには、周辺の刃物ブランドに対するリスペクトがあったのかもしれません。そんなゾーリンゲンも、近年では他の先進国と同様に高度な職人技を持った中小の工場が次々と閉鎖に追い込まれています。そんな状況にあって、ハイエンドブランドとしての地位を築いた国際ブランドCARL MERTENSが果たすべき役割は明確でした。それはつまり、『ゾーリンゲンの職人の技術を生かして、世界に誇れる最高の包丁を作ること』です。

Schöne Küchenmesser
そして、カールメルテンスが作り上げたのは、世界でも類を見ないこの美しいナイフシリーズです。刃と柄のつなぎ目に段差がない現代的なデザインとしながらも、手に触れる部分には上質なヨーロピアン・ウォールナットを埋め込むことで上質な手触りと耐久性を両立しました。ドイツで生まれた最新の刃物用鋼材を使い鍛造によって研ぎ澄まされた美しい刃、そして精密な研磨で生み出される三次元的なグリップなど、ナイフの随所に職人のこだわりが込められています。
詳細画像
ブランドロゴと併記されたFOREMAN(フォアマン)というシリーズ名。FOREMANとは職人のトップ、日本語にすると親方や監督という感じです。これらのナイフはゾーリンゲンの刃物職人がひとつひとつ『手作業の鍛造』によって成型しています。素材はX50CrMov15というドイツで開発された新しい刃物用鋼材です。鉄に15%のクロム、0.5%の炭素、モリブデン、バナジウムを加えた各種特性に優れる合金です。非常に錆びにくく、鋭い切れ味と、刃の耐久性を高い次元で併せ持っているのが特徴です。通常、こうした高価な刃物用鋼材は機械を使って量産されるのが一般的で、職人がひとつひとつ鍛造で鍛え上げるという製造工程を経ることは極めて異例です。こうして生まれたこのナイフは、錆びに強いステンレス系のナイフでありながら鋼のナイフにも肉薄する鋭い切れ味を実現しています。もちろん、どんな刃物も鋭い切れ味を保つためには定期的に研ぐ必要がありますが、切れ味が長く持続するのでお手入れの頻度は少なくて済みます。
詳細画像
日本へは写真の3種類が導入されています。上からハーブナイフ、サントクナイフ、ペティナイフです。 まずはお好みのナイフを手にしてみてください。きっと気に入っていただけるはずです。
詳細画像
刃の峯が持ち手の上部よりも低い位置にあり、惚れ惚れするような美しいラインで持ち手へとつながります。また、厚い持ち手と薄い刃が接合する部分は汚れが溜まりやすいポイントですが、隙間無く滑らかなラインでつながっています。
詳細画像
木目が美しいことで知られる高級なヨーロピアンウォールナットが使われています。
詳細画像
持ち手を左右から挟むように木材がきれいに埋め込まれています。
詳細画像
手に馴染む木材を上手く取り入れた非常に精緻なデザインです。
詳細画像
グリップは一般的な包丁に比べてやや細身に見えます。これは、指の長さに合わせてグリップの太さがデザインされているためで、小指付近が細くなっているため見た目にはスリムで伸びやかな印象を受けます。また、手に持つと中指付近が太くなるように設計されているため手の中にしっくりと収まり、細すぎるという印象はありません。上手く設計された心地良いサイズ感のグリップです。
詳細画像
ハーブナイフは斧のような特別な形状の刃を備えています。主にハーブの葉やスパイスを細かく押し切りするのに適しています。
詳細画像
ハーブナイフは形状の面白さから雑誌などでも最も注目を集めているモデルです。バジルや大葉などの繊細な葉物や、葱やニラなどの細い野菜、にんにくなどを押し切りで素早くカットできます。小さいので取り回しが良く、お肉のブツ切りなども軽い力で楽に行えます。
詳細画像
詳細画像
サントクナイフは野菜からお肉まで、家庭でのあらゆる調理に対応します。日本の伝統的な三徳ナイフに比べるとシルエット全体がスリムなので、用途は三徳ですが見た目には欧米のシェフズナイフのような洗練された印象も受けます。使用頻度も高いものなので、個人的には一番オススメしたいナイフです。
 (ちなみに、欧米のシェフズナイフと日本の三徳ナイフはほとんど同じ用途で作られていますが、シェフズナイフは刃の前方が大きくカーブしているので大きな肉のブロックを突き刺うようにしてカットできます。三徳は刃先のカーブを小さく抑え、野菜や魚の切りやすさを重視しているのが特徴です。最近は欧米メーカーも『サントクナイフ』を販売するのが一般的になっています。)
詳細画像
ペティナイフです。小さくても他のナイフと同様、鋭い切れ味なので細かいカットや下ごしらえに最適です。刃の角度が絶妙で、フルーツの皮むきなどもしやすいです。
詳細画像
安全にも配慮したしっかりとしたボックスに入っています。 あなたの人生に、ぜひこの特別なナイフを添えてみてください。
バリエーション
Foreman
フォアマン ハーブナイフ


BRAND : CARL MERTENS
SIZE : L240 mm


¥21,600(税込み・送料無料)
カートへ入れる

※刃渡り:12cm

Foreman
フォアマン サントクナイフ


BRAND : CARL MERTENS
SIZE : L315 mm


¥32,400(税込み・送料無料)
カートへ入れる

※刃渡り:18cm

Foreman
フォアマン ペティナイフ


BRAND : CARL MERTENS
SIZE : L220 mm


¥16,200(税込み・送料無料)
カートへ入れる

※刃渡り:9cm
ブランド
CARL MERTENS Carl Mertens(カール・メルテンス)社は1919年に設立されたドイツの老舗メーカーです。 刃物や金属製品の街として知られるゾーリンゲンに本拠を構え、独創性と職人の巧みな技術の融合で、これまでも国際的なデザイン賞を数多く受賞しています。そのスタイリッシュなデザインは他社と一線を画し、ブランドの個性にもなっています。 かCARL MERTENSは、自社製品の真骨頂を「使う」とことによって表れるものと明言しています。ぜひ、その特別な使い心地を体感してください。

素材と製品クオリティへのこだわり
カールメルテンスの製品の約70%がドイツ国内ゾーリンゲンにて製造されています。 技術的にドイツ国内での生産が難しい製品は厳しい品質管理基準を満たす外注先にカール・メルテンス社の認定書を発行し、製造依頼をしています。 そして製造依頼を行った商品も、最終的にはほぼ全てゾーリンゲンの自社工場で最終研磨作業を行っています。 また、カール・メルテンス社の製品は伝統的な技術を持った熟練の職人によって製造されており、中でも特に研磨の行程は熟練した職人の手作業で行われています。 製品の材質は基本的に、18-10ステンレスのみを使用しています。カールメルテンスが使用する18-10ステンレスとは18%のクローム、10%のニッケル、72%の鉄でできています。 クロームは錆を防ぎ、ニッケルは対酸性を強め、金属に輝きを与えてくれます。一般的に高級といわれる18-8ステンレスと比べてもさらにニッケルを多く含むため、腐食や錆びに強いだけでなく、コントラストの高い光沢が得られます。
ブランドのページを見る
みんなのコメント
コメント募集中 ※製品についてのコメントを募集しています
>> 製品のクチコミを送る
インフォメーション
ブランド CARL MERTENS / カールメルテンス (ドイツ)
サイズ それぞれに記載
素材 X50CrMov15 (スチール / クロム / カーボン / モリブデン / パナジウム) / ヨーロピアンウォールナット(オイル仕上げ)
内容 本体 / ホワイトペンシル / 箱
プレゼント包装 納期
こんな製品もございます
The Curator Pour Over Stand ポーオーバースタンド / The Coffee Registry
Pour Over Stand
The Coffee Registry
¥29,160〜
L'ECONOME Le couteau classique レクノム ル クトー クラシック
Le couteau classique
L'ECONOME
¥4,104〜7,020
CUTTING BORD カッティングボード M / ACACIA
Cutting Bord
ACACIA
¥1,512
前のページへ戻る
ライン