White tawashi / 白いたわし

WEBO ONLINE STORE
トップページ
コンセプト
WEBOについて
購入ガイド
メルマガ
White tawashi
白いたわし

BRAND : KAMENOKO
DESIGN : 石黒智子
SIZE : S/L


¥432〜(本体¥400+税)
バリエーションを見る
現代のたわし
ベーグルのカタチをイメージした丸い亀の子束子です。 日本で100年前に発明された「たわし」はプロの料理人を中心に根強く指示されてきましたが、近年になって欧米で大流行しています。 これまで柄のついたブラシしかなかった欧米において、その評価の高さたるや日本人の想像以上です。 毎年のように新しい道具が登場するキッチン業界で、100年にわたって支持されてきた使い勝手の良さが、国を超えてあらためて再発見されています。 さらに、この「白いたわし」は天然素材のナチュラルな雰囲気と丸い形が組み合わさって、見た目にもとても魅力的です。 また昔ながらの"たわし"にくらべて密度が高く、柔らかめに仕上げられていますので、幅広い用途にフィットします。

頼れる道具
たわしで洗う場合、少々の油汚れなら洗剤を使わずに洗い流すことができます。 食器にも使用できますが、穴のあいたザルや、木のまな板、フライパンや五徳、ヘラなどの落ちにくい汚れに対して特に力を発揮します。 洗剤が油分を科学的に洗い流すのとは違い、たわしは細かい繊維が汚れを物理的に掻き出します。 そのため洗剤を使いたくない木製品や、水でも油でも落ちないような頑固な汚れに真価を発揮します。 例えば、ウッドボードに付着したチーズを落としたり、おろし金を洗ったり、フライパンにこびりついたコゲを落とすときには、たわしが最高のツールです。 硬さは2種類あり、得意な用途が少し異なります。 束子を発明した"亀の子束子西尾商店"による安心のMade in Japanです。
詳細画像
2サイズ×2タイプのバリエーションからお選びいただけます。
詳細画像
ベーグルのような丸いシンプルなカタチが特徴です。
詳細画像
【ホワイトパーム】
パームの硬さを活かして、野菜の泥汚れや皮むきにも使用できます。 素材が適度な硬さを持っているので、繊維の頭の部分で「掻きだす・こすり取る」洗浄が得意です。 汚れのこびりついた食器や調理器具も少ない洗剤で洗い上げます。 また、ザルの目に入り込んでしまった汚れもしっかり落とします。 すぐに乾くのも魅力。 用途としてはしつこい汚れをゴシゴシと擦るのが似合います。 ただし、繊維に強度があるので傷つきやすい素材には不向きです。
詳細画像
【サイザル麻】
サイザル麻は健康たわしとしても使われる、高い柔軟性と吸水性が特徴です。 やわらかめのサイザル麻を使用することで手に吸い付くような使い心地です。 腰のある繊維の集合体として、たわしの先と側面全体で汚れを洗い落とすような洗浄が得意です。 使用感もシャカシャカと食器ブラシで擦るような感覚です。 少々の油汚れであれば洗剤を使わず洗いあげることができます。 また、テフロンなどの表面加工が施されたフライパンにも最適です。
バリエーション
White tawashi
白いたわし-ホワイトパーム-

BRAND : KAMENOKO
DESIGN : 石黒智子

Sサイズ (Ø80×32mm)
¥432(本体¥400+税)
カートへ入れる

Lサイズ (Ø95×40mm)
¥756(本体¥700+税)
カートへ入れる

※2種類の中では硬めです。 ゴシゴシ洗う、いわゆる"たわし"らしい使い心地です。 野菜の皮むきや、五徳のこびりついた汚れなどに最適です。

White tawashi
白いたわし-サイザル麻-

BRAND : KAMENOKO
DESIGN : 石黒智子

Sサイズ (Ø80×32mm)
¥648(本体¥600+税)
カートへ入れる

Lサイズ (Ø95×40mm)
¥972(本体¥900+税)
カートへ入れる
迷ったらコレ↑がオススメです


※2種類の中では柔らかめです。 シャカシャカとブラシのように洗うことができる新しい使い心地です。 コーティングが施されたフライパンにも使用できます。
みんなのコメント
スタッフ 束子(たわし)の発明は2重の不運に見舞われてきました。

ひとつは、低品質の類似品が大量に出回り、束子自体の評価を大きく下げてしまったこと。 もうひとつは、TV番組で景品のハズレの代名詞として利用されイメージを損ねてしまったこと。 まさに、定番品ならではの不運です。

ちなみに、みなさんは、木のまな板の洗浄をどうされていますか?
意外にも毎回スポンジに洗剤をつけて洗っている、という方が多いようです。 でも、それでは洗剤と雑菌を木に塗りつけているようなものです。

木のまな板を使うプロの料理人はどうしているのか?というと、その答えは束子による水洗いです。 木のまな板のメーカーも、束子と塩で木目に沿って洗うことをすすめている場合が多いです。 これが欧米メーカーの場合には『キッチンブラシ』を推奨ということになるのですが、日本の束子は力が入れやすく面積も大きいので、まな板に対しては束子のほうが適していると感じます。

ときどき勘違いされている方がいますが、洗剤(界面活性剤)は殺菌するためのものではなく、油分を水に溶かして落とすためのものです。ですから、たとえば野菜を切っただけのまな板であれば洗剤を使う必要は全くありません。 それどころか、洗剤を使って木を洗うと、木の中にある必要な油分が抜け痛みやすくなりますし、何よりもご自身が木の中に染み込んで残留する洗剤の成分に不安を感じているはずです。 道具を長く清潔に使うためにも、洗剤の利用は最小限に控え、束子を使って水洗いするという基本を身につけることをオススメします。 たわしは乾燥が早いので、スポンジのように雑菌が内部で繁殖することもなく、まな板と一緒にしっかり乾燥して清潔に保つことができるので、まさに相性抜群です。
(※ちなみに、洗剤の有無やまな板の種類に関わらず、お肉を切ったまな板は水洗い後に熱湯消毒を行うのが理想とされています)

ちなみにもうひとつ。 我が家では、友人が帰った後、ウッドボードの上で固まったチーズを洗うのに苦労していました。 ナイフなど、エッジあるもので無理に剥がそうとするとボードに傷が付いてしまいますし、かといって木の板を水に漬けてふやかすこともできません。 そこで束子を思い出しました。 水をかけながら束子で繊維方向に擦るとボードを傷めず面白いようにチーズの汚れを落とすことができました。 まさに目からうろこの使い心地です。

他にも、皮むき器や、グレーター(おろしがね)など、毎日スポンジで洗っていると、どうしても細かい部分に汚れがたまってくるものがあります。 この白い束子は、そういった場所の洗浄に最適です。 見た目に可愛いデザインをきっかけに、束子の魅力を再発見してもらえたらうれしいです。
コメント募集中 ※製品についてのコメントを募集しています
>> 製品のクチコミを送る
インフォメーション
ブランド KAMENOKO / 亀の子束子西尾商店 (日本)
デザイン Ishiguro Tomoko / 石黒智子(日本)
サイズ Sサイズ : Ø80×D32(mm)
Lサイズ: Ø95×D40(mm)
素材 ・サイザル麻 / ステンレス
・ホワイトパーム / ステンレス
生産国 日本
内容 本体 / 箱
プレゼント包装 納期
こんな製品もございます
Collins Ottoman コリンズ オットマン / WEBO
Collins
WEBO
¥58,320〜
SAKON+ ぺティナイフ / IHI × 穂岐山刃物
SAKON +
IHI × 穂岐山刃物
¥19,440
Calculator カリキュレーター / idea label
Calculator
Idea label
¥1,944
前のページへ戻る
ライン