製品メイン画像

OMEGA Ladies 30's
オメガ レディス ヴィンテージ

BRAND : OMEGA
SIZE : Ø22×D7.3 mm
¥176,000(税込み・送料無料)

1930年代のオメガ

OMEGA社が1930年代に製造したアンティークの腕時計です。直径22mmの非常に小さなケースはシルバー製で、その中にガラスの風防がぴったりと綺麗に収まっています。文字盤は真っ白なセラミック製で、時を経ても変わらない普遍的な美しさを感じさせます。秒針を6時の位置に配したスモールセコンドを採用し視認性も抜群です。クラシックな魅力と実用性を兼ね備えています。当然ながら30年代当時の一般的な日本人にはとても購入できなかったような超ハイエンドな製品です。

使われているキャリーバーはCal.19.4Sです。19番台は1930年頃に開発された婦人向けの小型キャリバーです。販売前に国内でオーバーホールを行い、輸入元による動作保証付きで販売しておりますので、届いたその日から安心してお使いいただけます。ただし、非常に古い製品のため日差で±2分程度の誤差が生じます。その点はあらかじめご了承ください。

コンディション

■1930年代のヴィンテージ
■小さな傷はありますが目立った傷や劣化は無くとても綺麗な状態です
■文字盤:オリジナル
■ベルト:日本製オーダーメイド
■2019年11月にオーバーホール済み
■日差:±2分程度

※ケースは本物のシルバーを使用しているため時間が経つと表面が黒っぽく酸化します。シルバーに対応したクロスなどを使って面を磨いてあげると美しい輝きをキープできます。
詳細画像

直径22mmの小さなケース

とても小さなケースですが、精度が高く作り込まれているため非常に高級感があります。ブレスレット感覚で着用でき、女性の手元を上品に彩ります。
詳細画像
ベルトは日本国内で専用の本革ベルト(新品)を制作して組み合わせています。
詳細画像
製造から50年以上の歳月を経ても色褪せない洗練されたデザインです。よく見ると小さな傷はあるものの、目立った傷や劣化は無く綺麗な状態を保っています。
詳細画像
ケース本体はシルバー製で、リューズは真鍮製です。落ち着いた輝きがあり、磨けば光る本物素材ならではの質感をお楽しみください。
詳細画像
詳細画像
保管に便利なハードケース付きです。プレゼント用のラッピングにも対応しています。

Purchase カートへ入れる

製品イメージ

OMEGA Ladies 30's
オメガ レディス ヴィンテージ

BRAND : OMEGA
SIZE : Ø22×D7.3 mm
¥176,000(税込み・送料無料)

Brand ブランド

OMEGA
OMEGA
オメガ
1848年に懐中時計の組み立て工房として設立。1894年に高い品質と生産性を兼ね備えたムーブメントを開発し、究極を意味する『OMEGA』として発売。これがヒットし1903年には社名にOMEGAの名前が加わった。第一次大戦が始まると軍用時計の需要が増大。第二次戦時中の1940年から1945年にかけては英国国防省に10万個以上の腕時計を提供した⁠。OMEGAの軍用時計はスクリューバックが採用され、防水性と高い精度を維持したため軍事作戦上も重要な役割を担った。戦後1948年には軍用時計の技術を生かした市民向けの時計Seamasterを発表。後に防水性能が強化され、60年代以降はダイバーウォッチとして進化した。また1952年に誕生したコンステレーションは、当時ヨーロッパ各地の天文台で行われていた精度コンクールでそれまでの記録を塗り替えて圧勝を続け、OMEGAの名は高精度の高級時計の代名詞として世界に広がった。1965年には10万個のコンステレーションが1点の不合格も無く通しナンバーでB.O.検定に合格するという偉業を達成している。60年代後半に入るとDe Ville、Genèveといった人気モデルが相次いで登場し人気を呼んだ。さらに1969年にはNASAの有人宇宙船による月面着陸においてOMEGAが採用された。アメリカの宇宙開発でスイスのOMEGAの時計が採用された理由は、NASAの事前テストをパスできたのが唯一OMEGAのみであったためである。翌年のアポロ14号では全ての電気系統が故障したため、大気圏突入時に唯一時間の計測ができたのがOMEGAのクロノグラフであったといわれている。このほか北極探査などの過酷な状況や、1/1000秒を競うモーターレースやスポーツ競技の世界でもOMEGAの機材が採用されている。 70年代に入ると圧倒的な性能をもったクオーツ時計が台頭し、スイスの伝統的な時計産業は壊滅的な打撃を受けた。OMEGAも例外ではなく企業再編を余儀なくされ、現在ではロンジン、ハミルトン、プレゲなどとともにスウォッチグループを構成する主力ブランドのひとつとなっている。80年代にイタリアでアンティーク時計が流行したのがきっかけとなり、その後アメリカや日本でも単なる時間表示を超えた高級機械時計の存在意義が見直されている。90年代に入りOMEGAブランドでも独自のムーブメントを搭載した高級機械式時計の生産が本格的に再開されたほか、近年では60~70年代の機械式時計の限定復刻などが話題をよんでいる。
OMEGA 60's 機械式
OMEGA 60's
OMGA
¥176,000
OMEGA 60's Seamaster 自動巻き
OMEGA 70's De Ville
OMGA
¥187,000
OMEGA 60's Ladies watch オメガ アンティーク レディスウォッチ
OMEGA 30's Ladies watch
OMGA
¥176,000

Information 商品情報

ブランド OMEGA / オメガ(スイス)
サイズ Ø22×D7.3 mm
※リュウズを含めた幅:23 mm
※ラグを含めた高さ:25 mm
重量 約13g (ベルトを含む)
素材 ケース:シルバー
ベルト:カーフレザー
製造時期 1930年代
ムーブメント 手巻きムーブメント
Cal.19.4S (※キャリバーの型番)
No.6336499(※ムーブナンバー)
Ref. 7369280(※リファレンスナンバー)

※2019年11月にオーバーホール済み(OH後未使用 / 動作保証付き)
機械式時計の
OHについて
オーバーホールの必要性
機械式の時計は定期的なオーバーホールを行うことで、良好な状態を保つことができます。一般的なオーバーホールは、動作点検・分解・洗浄・消磁・注油・組み立て・調整などの工程を必要に応じて行います。オーバーホールの頻度は多くの時計メーカーの公式見解として4~5年ごととされています。使用頻度によっては必ずしもこの期間を守る必要はありませんが、定期的なオーバーホールは必須です。

WEBOではオーバーホールを行い動作保証つきで販売しています
一般的に、時計をオーバーホールした直後に手放す人はいません。このため、アンティーク時計のOH時期は不明な場合がほとんどです。もしも他店でオーバーホールを行っていない機械式時計を購入された場合には、お客様自身ですぐに信頼できる時計店にオーバーホールを依頼する必要があります。特に古いオイルが使われている時計の場合には、未使用であってもオイルが固体化している場合があるため、オーバーホールを行わずに使用すると金属部品が摩耗して故障の原因になります。
OMEGAのオーバーホールの相場は、故障していない場合で約2~6万円程度ですが、機械の状態によってはパーツ交換を行うために追加の出費が発生する場合があります。こうしたオーバーホールや修理には、短くても1週間から長い場合には数ヶ月の期間を要するのが一般的です。相場より安価で売られているような製品を購入された場合には、購入の直後に本体価格を大幅に超えるようなオーバーホール費用や修理費用が発生する可能性があります。また格安店などではオーバーホール済みと記載されていても正しいメンテナンスが行われていない場合が多いため注意が必要です。弊店で扱うOMEGAは全てオーバーホール済みですので、ご購入後の出費や時間は一切かかりません。もしも他店で販売されている製品と比較される場合には、外観以外の見えない品質も考慮したうえでご検討ください。

安心してお使いいただけます
弊店が取り扱うOMEGAはアンティーク時計の輸入業者が海外で買い付けた製品の中から、デザイン性が高く状態の良いものだけを厳選し、さらに日本国内の信頼できる時計職人の手でOHを行ったうえで販売しています。また、全ての時計に動作保証をお付けしていますので、お手元に届いた直後から安心してお使いいただけます。また、弊店ではご購入後のメンテナンスや修理などもお受けしていますので時計に詳しくない方でもお気軽にお求めください。
保証 6ヵ月
生産国 スイス
内容 本体 / 保証書(6ヵ月) / ハードケース / 化粧箱

Delivery 配送・梱包

プレゼント包装
ラッピング可能な製品
ギフトボックス入り
最短で当日中に出荷
在庫があり営業日の14時までに決済が確認できたご注文は最短で当日中に出荷します。お急ぎの場合は事前にお電話でご確認ください。

Voice お客様のコメント

コメント募集中
製品のクチコミを送る